プロフィール

はじめまして
認定メイクセラピストの 辻 一江です。

夫と3人の子供に恵まれ幸せな生活を送っていた42歳の時に乳がんになりました。

その時生まれて初めて 自分の命と向き合いました。
そして病気が教えてくれたことは、
自分の人生はたった一度の大切な宝物だということです。

この経験から私は、今まで以上に自分の人生を積極的に楽しみ、味わうことを心がけて生活しています。

人生で起きるいろいろな出来事をまるごと全部ひっくるめて、たった一度の大切な人生をおもいっきり楽しもうと思っています。

メイクセラピーを通して日々実感していることは、
顔と心は繋がっているということです。

心に素直になってなりたい自分にメイクで変われたとき、
たった一度の大切な人生をあなたらしく、
おもいっきり楽しむことができる力になると、私は確信しています。

私の夢はメイクセラピーで
たくさんの女性を笑顔にすることです。


経歴

  • NPO法人日本人材教育協会 認定メイクセラピスト特級資格
  • 認定スピリチュアルメイク®アドバイザー
  • 株式会社 コンシャスインターナショナル主催印象アナリスト®
  • 社団法人 JMA メイクアップ技術検定2級
  • アフリカンツリーエッセンスプラクティショナー

メイクセラピーとの出会い

末っ子の長男の就職が決まった時、肩の力がスーっと抜けていくのを感じました。

それまで子供たちに向いていたベクトルが一気にクルット自分に向いたようで、自分のために時間を使えることが嬉しくて、興味のあるセミナーやワークショップに参加したり、やりたかった習い事を始めてみたり、それはそれで充実した楽しい時間でしたが、次第に自分がこれからの人生で本当にやりたいことを見つけたいと思うようになりました。

ある日、ふとメイクのボランティア活動をするにはどうしたらいいのか?
と検索していた時に出会ったのがメイクセラピスト養成講座です。

「なりたい自分になる」というフレーズに強く惹かれて、メイクセラピー学びたいとその瞬間に決めたことを覚えています。
講座開講までの2ヶ月が待ちどうしかったこと。

開講からの5ヶ月間は、講座に出るたびにどんどん惹きつけられていく自分がいました。

それまですっかり忘れていたのに小学生の時クラスのお楽しみ会で、メイクのデモンストレーションをやったことを思い出してビックリなんてこともありました。

 

修了式の時に先生から送られた

「今までは皆さんは私の宝物でした。でもこれからは仲間です。」

という言葉

結美子先生をはじめ、由美ちゃん先生、ナル先生、マコちゃん、そして素敵な仲間との出会いに感謝しています。

これまでの人生の中で、「これは神様からのプレゼントに違いない」と思えるとっても運がいいことが何度かありましたが、
メイクセラピーとの出会いも、私のこれからの人生に神様がくれたプレゼントだと思えてなりません。

そうそう修了式での私の挨拶は

この講座をみつけた自分を褒めてあげたい

です。

http://ameblo.jp/conscious-iwai/entry-11374762645.html

 

メッセージ

メイクセラピー養成講座でカウンセリングを受けたとき、私から出た言葉は自信がないという言葉でした。

よく人と自分をくらべて落ち込んだりすることがあり、そんな自分が嫌でした。

私のなりたい自分は
<かっこいい女性>
<まわりの人が憧れるような出来る女性>でした。

でも、そのオーダーで何度メイクセラピーを受けても鏡の中の自分に心が納得せず、
自分でもなりたいと思っているのにどうして???

???のまま養成講座は修了となってしまいました。

 

それから1年後再度メイクセラピーを受ける機会があり、

私からでたオーダーは

<優しさの中にも芯の強さを持った女性、可愛いは外せません>

カウンセリングを受けながら自然にこのオーダーが出たときには正直自分でも驚きでした。
そしてようやく私は鏡の中の自分に心からOKがだせました。

メイクセラピーを学んで私が気づいたことは、私には私の魅力があるという事です。
最初私は自分にないものを求めて自分ではない他の誰かになろうと思っていたのです。

だから心が納得できずOKが出せなかったのです。

私の魅力に気づいてそれを受け入れることができた時から不思議と人とくらべて、
自信をなくしたり落ち込むこともなくなり自分のことがこれまで以上に好きになりました。

なりたい自分になるとは自分の魅力に気付き受け入れて自分になることだと確信しています。
一人残らずみんな自分の魅力に気付きそれを受け入れたとききっとキラキラ輝く自分にビックリするのだと思います。

以前の私みたいに自分の魅力に気づいていない全ての女性に誰かになるのではない自分になるメイクセラピー

美容室に行くように気軽に是非メイクセラピーを受けて欲しいと心から願っています。